初めての方へ

エピジェネリック療法とは、自分に足りない栄養素を知り、
バランスよく栄養素摂ることで「病気を予防し健康を回復させ維持する」新しい治療法です。
分子レベルで改善していく為、効果も高く今最も注目されています。

皮弁法

皮弁法について
わきの真ん中をしわに沿って数センチ切開し、直接汗腺を取るという方法です。
治療効果は最も高く、同時にエクリン腺も取り除くことができるので、多汗症の治療としても効果があります。
局部麻酔をしますので、痛みはまったくありません。
さらに、この治療は保険診療が適用されるので、およそ片ワキ17,190円という少ない負担での治療が可能です。

症例

傷跡を気になさる方が多いですが、術後2~3年でこの程度になります。
 写真をクリックすると、拡大画像をご覧頂けます

症例写真

皮弁法

治療の流れ
わきが(ワキガ)手術はダウンタイムが短い手術です。
ですから短期間のうちに治療し、翌日からお仕事に行くことも可能です。
(軽いデスクワークなどは可能。)
但し、下記のような状況が考えられますのでカウンセリングでご確認下さい。
●ワキを固定するため、少し窮屈な姿勢になる。
●激しい運動は不可。

1.ご予約

フリーダイヤル 0120-312-938、または無料カウンセリング予約のフォームからカウンセリングのご予約をお願いいたします。

2.カウンセリング

当院の専門医師がカウンセリングを行います。気になる事や疑問などお気軽にご相談ください。

3.手術当日

手術時間は約60分となります。ご来院時には、ゆとりのある前空きのシャツなどの服装でご来院ください。手術後にワキを固定しますので、脱ぎ着がしやすい服装をオススメ致します。入院の必要はなく、ワキを濡らさなければ当日からシャワーも可能です。翌日から軽いデスクワークであれば可能です。

4.術後~3日

術後、痛みや腫れが酷いなど、小さなことでも何か気になることがありましたらご連絡ください。

5.術後~7日

抜糸をいたします。

6.術後~数カ月

何か気になることがありましたら経過について医師が診察いたします。いつでもご来院ください。

ワキガ 保険適用治療・手術詳細
ワキガ保険適用治療・手術時間 ワキガ保険適用治療・手術はカウンセリングを含め両ワキで60~90分程度です。
入院の必要性 ワキガ保険適用治療・手術には入院の必要はありません。
事前準備 前日の飲酒はお控えください。
ご来院時には、ゆとりのある前空きのシャツなどの服装でご来院ください。手術後にワキを固定しますので、脱ぎ着がしやすい服装をオススメ致します。
また、当日はお車やバイクでのご来院はお控えください。
また、必ず保険証をご持参ください。
麻酔 局所麻酔。
ワキガ保険適用治療
手術の注意事項
妊娠中の方、局所麻酔にアレルギーのある方はワキガ手術ができません。

ゼオミン(ボトックス)治療

 
ワキの多汗症のみでお悩みの方向けの治療です。
ワキの下にあるエクリン汗腺は、発汗の際に放出されるアセチルコリンという神経伝達物質が関係しています。ゼオミン(ボトックス)はこの神経伝達物質の作用を抑える働きがあり、その結果、汗が止まるという効果が生まれるのです。
「即効性」があり、施術後、個人差はありますが4ヶ月~6ヶ月位は効果が持続するのでワキによく汗をかく方などにおススメの治療です。

ページトップ

  • エピジェネティック療法について
  • 無料カウンセリング予約はこちら
  • クリニックへのアクセス

エピジェネティック療法なら銀座ファインケアクリニック
エピジェネティック療法なら銀座ファインケアクリニック
美容医療通信

お悩み症状一覧へ